今年の見どころ!

環境について学ぶ

  • 資源を大切にするため、小さなアースデイでは、使い捨ての食器を使わず、リユース食器を使います。食べた後は、なるべく水を汚さないために「お掃除パン」でお皿を拭いてから、洗います。サケが安心して帰って来れる由良川に。
  • 「幸喜山荘」では、竹トンボ作り、ミニ竹ほうき作り、フェルトと竹を組み合わせた工作で、竹に触れ、放置竹林の問題にも触れていきます。
  • 木が香る「森もりホール」を木育ゾーンに。間伐材研究所やチャープの木のおもちゃ、木工の大西さんは、端材を利用で机や椅子など作ったり、古い椅子をステキにリメイク。

エコクラフト&アート

  • 福知山公立大生による、トイレットペーパーの芯を活用した子供向けのエコ工作。
  • 福本三枝さんによる、クラフトバンドを使ったレジ袋ストッカー作り体験。
  • 丹波素敵女子研究所の野菜ブーケ作り体験。

クリーニングデイ

  • フィンランド発祥のイベントです。ただ要らないモノを販売するのでなく、次に誰かに使って欲しいモノに、メッセージを添えて販売。
  • 今年もクリーニングデイの日には フィンランドのあちこちの街でフリーマーケットが開催されます。日本各地でもクリーニングデイが同日開催されます。
    綾部では5月27日にchirpで開催予定。そのプレイベントとして、この小さなアースデイにも登場します。

あやべの文化を体験

  • 黒谷和紙をもっと身近に。黒谷和紙で作る「香るたまごアート」。和紙の強さ、感触の良さ体験。和紙の材料である「こうぞの葉」を練り込んだこうぞ餅の試食&販売も。こうぞの皮を剥いだ後の芯(カンカラ)を使ったオブジェ。
  • 合気道は、吉照塾の奥村先生と諏訪先生による演武と体験指導。合気道の和の心も教えて頂けます。
  • お茶所の綾部。お茶の飲み比べでお茶の美味しさを体験しよう!
  • 里山ねっと・あやべのある豊里地区は、意外にも隣町の福知山音頭を踊っていた歴史が。福知山音頭保存会の指導を受けて、みんなで踊りましょう!

 

チラシのpdfデータはこちらにアースデイ2018表紙アースデイ2018中身]

アースデイ2018表紙アースデイ2018中身

広告